フォンテーヌブロー城 庭園

  • 2015.05.27 Wednesday
  • 23:42
JUGEMテーマ:花のある暮らし
IMG_1356.JPG

やはりフランス王族歴代に愛された城。
王族の狩場だったフォンテーヌブローの森にあり、広大な庭園を有しています

やはりここも火曜日の休館日でお休みでした
城内は今、修復作業が行われているようで、館内の様子を写真で紹介していましたが
ベルサイユに劣らぬ豪華さのよう
ナポレオンは、ヨーロッパ中探してもこれほど寛げるところはないと語ったとか
中は見れずとも庭園は散策自由 近くの人も散歩してたり
わたくしも、ほんと心洗われるような時を過ごせたのでした

IMG_1297.JPG

お城の裏手からはすぐに大きな池が望め、それを囲むようにイギリス風庭園が広がっています

IMG_1304.JPG

IMG_1320.JPG

IMG_1329.JPG

IMG_1326.JPG

IMG_1327.JPG

IMG_1321.JPG

IMG_1322.JPG

シャクナゲの色は、このパウダーカラーがフランス好みみたいで、多く見かけました

IMG_1309.JPG

IMG_1311.JPG

IMG_1333.JPG


IMG_1323.JPG

IMG_1324.JPG

IMG_1307.JPG

IMG_1313.JPG

休館日の今日は、子供や孫を連れて散歩していると思しき人が、ちらほらといるだけ

IMG_1306.JPG

IMG_1325.JPG


IMG_1294.JPG

IMG_1341.JPG

呼ぶと近づいてくる白鳥 

IMG_1343.JPG

私の手もぱっくりしてきて少し怖い

IMG_1334.JPG

パリの街路樹で一番多いかもと思えるプラタナス
かつての王家の庭にも美しい並木路が

馬車を発見

IMG_1345.JPG

タイムスリップしたような恰好をした馬車のおじいさん
森を一巡りしてくれるみたいです
お孫さんを連れて遊びに来た若いおばあちゃんや、お父さんに連れられた子供たち
お客さんいっぱいになると出発です
一人800円くらいで広い森を結構長く走ってくれます

IMG_1347.JPG

お供のわんちゃん、すごーく大人しく乗ってましたが
出発して森に入った途端、ぱっと飛び降り馬車に併走します
先に走ったり、道草して追いついたり、楽しそう
小学生だった頃飼っていた「タロー」にそっくりなんですけど

馬車の子供たちは「アッレー!アッレー!(GO!GO!)」とワンちゃんに言ってるのか
馬車に言ってるのか、にぎやか

IMG_1348.JPG

森の清涼な空気、馬のひずめの音、子供たちの歓声、
嬉々として走ってついてくるワンちゃん、つぎつぎと目に飛び込んでくる
新緑の蒼、どこまでも続く広大な森・・・
あ〜、なんて幸せなんでしょう! こんな幸せでいいのかな〜

IMG_1354.JPG

動物大好きの娘も嬉しそう

IMG_1352.JPG

ナポレオンもいいね〜って言うはずだよね〜

IMG_1351.JPG

あーず〜っとこの森を駆け巡っていたかった
走ってくれた、お馬さんたちとワン君に「メルシー!」とお礼を言ってきたのは当然
なんか、喜ばせてるの分かってるみたいだったな〜




pavé-page gardendeign   ペイブペイジガーデンデザイン
オフィシャルサイトはこちらから






 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM